FC2ブログ

2778> ルリタテハの小さな幼虫(栄区)

近場を探索 2013-04-01

ルリタテハの産卵は3/16に観察した

そろそろ小さな毛虫くんが見られるかと思って調べてみた。サルトリイバラの葉は随分大きくなっている。

(1)葉表に抜け殻が白く見える。
ルリタテハ幼虫2.5mm-IMG_1453

(2)葉裏を覗いてみると可愛いのが居ました。体長2.5mmほどでした。葉に開いた穴は食痕でしょうか。
ルリタテハ幼虫2.5mm-R0017502

(3)これも葉裏です。
ルリタテハ幼虫2.5mm-R0017510
★産卵を観察した時には9卵確認しましたが、今回は5頭まで確認しました。
小さいので神経を使います。また時々確認に来ようと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

経過を見に行きたいと思っていても、なかなか行くことが出来ず、どうなっているかと気になっていましたが、無事 孵化しているのですね。
こんな若齢幼虫を撮りたいところですが、もう大きくなってますよね。

Akakokkoさんへ>

> 経過を見に行きたいと思っていても、なかなか行くことが出来ず、どうなっているかと気になっていましたが、無事 孵化しているのですね。
> こんな若齢幼虫を撮りたいところですが、もう大きくなってますよね。

コメントありがとうございます。
その後を見に行きたいと思っていますが、もう2cm位になってるかもしれませんね。
今日の見回りでは、昨日別の場所でSくんがウラゴマを発見、15mmありました。
例のウラゴマダラは、1頭しか見つかりませんでした。
その反対側のイボタノキでも4頭見つけました。
ミドリシジミは、8~12㎜ほどになっています。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.4版):掲載写真枚数:3,872枚。成チョウ:309種、卵:177種、幼虫:189種、蛹:166種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示