スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3571> ムラサキツバメのその後(栄区)

2014-02-10~12
~ 越冬中のムラサキツバメ ~

2月8日は雪が降った。この日の横浜の積雪は16cm、風も強かった。
雪が解けるのをまって、以前から観察しているムラサキツバメを見に行った。

◆2014-02-10
まず、(1)低い位置のシュロA:辛うじて1頭いた。
(2)高い位置のシュロB:雪の前には10頭以上確認していたが、いない(T_T)。
葉と葉にはさまれていたので、雪は問題ないと思っていたが、葉が風に煽られたのが原因だろう。
(3)シロダモB。既に崩壊していた塒だが、近くに残っていた小集団も見当たらずゼロ。
(4)アカガシに居た小集団も見当たらない。
結局、この日の確認数は1頭だけ。

◆2014-02-12
壊滅状態の前回の状況を再確認するため、再訪した。
結果は、前回と同じくシュロAの1頭だけ。
この日の空気は冷たい感じ(最高気温9℃)だったが、陽射しがあった。
お握りを食べていると、黒っぽいチョウが上の方を飛んでいる。
停まったのを見るとムラサキツバメ♀だった。
間もなく、数頭が下に降りてきて開翅しはじめた。
(1)
ムラサキツバメ♂-7D2_8946
(2)上と同じ個体。
ムラサキツバメ♂-7D2_8961
(3)上とは別個体。
ムラサキツバメ♂-7D2_8997

この日確認できた個体は、♀1頭、♂3頭、塒から出てこなかった1頭の計5頭。
一体何頭が生き残っているのだろうか。
観察は継続します。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

11日の夕方に立ち寄りました。(シュロの1頭だけ確認)
23日にも行きましたが、そろそろモンキチョウとかの新生蝶が気になる季節になりましたので足が遠のくかもしれません。

Garudaさんへ>

> 11日の夕方に立ち寄りました。(シュロの1頭だけ確認)
> 23日にも行きましたが、そろそろモンキチョウとかの新生蝶が気になる季節になりましたので足が遠のくかもしれません。

コメントありがとうございます。
二度目の雪で、低い棕櫚の上にあった木が倒れました。
先週の段階で、塒のムラサキツバメがゼロになりました。
それでも、気温が上がると飛び出してきます。
先日は、3頭いました。
そろそろ越冬完遂?ですかね。

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。