4071> ヒメウラナミジャノメ(戸塚区)


ヒメウラナミジャノメは好きなチョウの1つで、これまでもしばしば登場している。
実はこの1ヶ月は卵の撮影を狙ってきた。
ヒメウラナミジャノメを見つけるごとに追跡してきた。
しかし、ヒメウラナミジャノメは草に潜って産卵するため、卵をみつけるのが難しい。
何度か産卵の場面を観察できたが、毎回卵は見つからなかった。
卵は食草に産まないことがことが多く、産卵位置が判らなかった。

2014-08-01撮影
この日も♀を見つけて追跡したがヒメウラナミジャノメ♀表-OMD02061
、卵の発見には至らず(^_^;)

2014-08-03撮影
この日も♀を見つけて追跡。
潜って産卵したようだったが、またしても卵の位置は判らず(^_^;)
観察していると、草むらに潜って産卵したあとは、近くの葉っぱにとまって一休み。
ヒメウラナミジャノメ母チョウ-OMD02297
遠くにはいかないので産卵するまで待つことにした。
追跡を始めて1時間くらい経っただろうか。
チャンスがやってきた。
比較的見える位置で産卵に入った。
じっくり産卵を観察した後、停まっていた場所に卵を探す。シダの葉裏に卵発見!
ヒメウラナミジャノメ卵@シダ-OMD02303
ヒメウラナミジャノメの卵の撮影がやっと叶った。予想以上に手強かった。なお、卵を優先いたため、産卵シーンの撮影は断念した。

これで1ポイント追加! ポイントとは、卵、幼虫、蛹の初撮りで、それぞれ1ポイント。今年は100ポイントを目標としたが、実のところまだ50ポイントにも届いていない(^_^;)

持ち帰った上記の卵は、4日後の8/7孵化した。
孵化から1週間後の8/14には7mmになった。ヒメウラナミらしい風格がでてきた。幼虫の初撮りで1ポイント追加。
ヒメウラナミジャノメ幼虫7mm-OMD03078

更に2日後の8/16には10mmに達した。
ヒメウラナミジャノメ幼虫10mm@チヂミザサ-OMD03306
チヂミザサにできた食痕。
ヒメウラナミジャノメ食痕@チヂミザサ-OMD03407
蛇足ながら、幼虫は刺激を与えると丸まって下に落ちるそうで、幼虫探索も易しくないそうだ。

8/21、15mm。成長を見るのが楽しみ。
ヒメウラナミジャノメ幼虫15mm-OMD03844
ヒメウラナミジャノメ幼虫15mm-OMD03849
ヒメウラナミジャノメ幼虫15mm-OMD03851

08/26、20㎜弱に達した。
ヒメウラナミジャノメ幼虫20mm-OMD04383


2014-08-31撮影
ヒメウラナミジャノメ-OMD04543
2014-08-31撮影
ヒメウラナミジャノメ-OMD04640

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示