4112> ジャノメチョウの産卵(栄区)

2014-08-31撮影

ジャノメチョウは、卵を食草などに産み付けるのではなく、産み落とすという、特異な性質を持つ。
これを観察したくて、近ごろジャノメチョウ♀を追いかけてきた。
しかし、なかなか産卵の場面に出会えずこの日まできた。

今日もまた、ジャノメチョウを見つけると後をつけ、停まったところにゆっくり近づいて産卵を待つ。
地面から10cmほどの草に停まったジャノメチョウ♀は特に動きが無くかったが、待っていると翅を開いた。
その時、白いものが下に落ちたような気がした。産み落としたのかもしれない。
ジャノメチョウ♀-OMD04503
母チョウが移動した後、真下を調べて見ると白い点があった。
ジャノメチョウ卵-OMD04509
拡大してみるて、歪な球形の卵だった。
ジャノメチョウ卵-OMD04507
探し始めて3週間、やっとみつけたジャノメチョウの卵だ。
(残念ながら産卵の瞬間は撮影できなかったが、次回の課題としたい。)

(この記事は、日本チョウ類保全協会のBLOGに掲載した記事とほぼ同じです)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示