4286> 飼育中のヒカゲチョウ

飼育中の2頭のヒカゲチョウ(A, B)は、11/15に脱皮して終齢幼虫になった。
その後、Aが12/3に蛹化し、5日遅れてBが12/8が羽化した。
Aの羽化は12/19、Bは12/25だった。

卵期・幼虫期・蛹期は、Aがそれぞれ、5・63・16、Bが 5・68・17 となった。産卵から羽化まで、3ヶ月もかかるとは思わなかった。

2014-12-28撮影: 12/25に羽化した♀のB(Aは♂だった)。前翅に少し丸みがある。
ヒカゲチョウ♀裏-OMD03131
前翅に白線がある。
ヒカゲチョウ♀表-OMD03147
寒いので、ペットボトルにはお湯を入れてある。

2015-01-04撮影
ヒカゲチョウのご飯は、リンゴ、ミカン、ポカリの3種。ミカンが好きらしい。
ヒカゲチョウ♀-OMD03280


1/5撮影
現在、直径20cm・高さ30cmほどのガラスケースの中で飼育しているが、1/11現在健在。いつまで元気でいてくれるか。
1/3に産卵開始。これまで21卵を確認した(無精卵のような気がする)。
ヒカゲチョウ卵@マダケ-OMD03282


★2015/1/26記
40個以上産卵しましたが、全て無精卵でした。
♂と♀を狭いケースの中に入れておくだけでは、交尾には至らないようです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示