4399> 繊細なセセリチョウ

2015-04-22撮影

神奈川のギンイチモンジセセリの発生地に行ってきた。
車から降りるといきなり1頭が目の前を横切る。

河川敷に踏み込んでいくと、次々と飛び出す。
弱々しい飛び方だが、なかなか停まらない。
藪を漕いで後を追う。

最初に綺麗な♀の個体が撮影できた。
横から見ると腹部が膨らんでいるので♀と判る。
384-ギンイチモンジセセリ♀表-2015-04-22-7D2_5373 ♀表。腹部は幾分膨らんで見える。
384-ギンイチモンジセセリ♀裏-2015-04-22-7D2_5355 ♀裏。腹部を横から見ると大きく膨らんでいる。

♀が撮影できたので、♂を探す。なかなか見つからない。飛び方で♂か♀か大体判るが、やっととまって確認すると♀だったりで空振りが続く。やっと見つけても他の個体に絡まれて飛ばれ、どちらが♂か判らなくなる(^_^;)
384-ギンイチモンジセセリ♂表-2015-04-22-7D2_5289 ♂。初めのころ撮った写真のなかに♂の開翅があった。
384-ギンイチモンジセセリ♂裏-2015-04-22-7D2_5562 ♂裏。結局新鮮な個体の裏面は撮れなかった。

768-ギンイチモンジセセリ♀産卵-2015-04-22-7D2_5397 産卵しているらしい。

192-ギンイチモンジセセリ卵-OMD00765 産卵したらしい場所を確認すると、葉表に卵があった。直径1mm以上あるので見つけやすい。おへその部分がちょっと凹んだ豚マン形だ。

残る課題は、幼虫と蛹......。
撮影のため上記1卵を持ち帰った。
順調に進んだら別途ご紹介したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示