4502> サツマシジミを満喫(^_^)/

これまで満足な写真が撮れていなかったサツマシジミ・ヤクシマルリシジミを撮影に出かけた。

「蝶鳥ウォッチング」のYODAさんも同行してくれた。初日午前中は生憎の雨模様。しかし極端に気温が低くなければ問題ない。
散策を初めて間もなく、1頭目が姿を見せた。
まだ小雨が降っていたが、時々停まっている姿が目に入る。
13:00ころになると、雨があがった。天気の割には個体数も少なくない。
結局この日は、開翅は撮れなかった。

翌日は、朝から快晴。絶好のサツマ日和。
あちらこちらでサツマシジミが乱舞。気温が上がってくると開翅撮影のチャンスがやってきた。

まずは♀の開翅・閉翅。
384-サツマシジミ♀表-2015-11-03和歌山-OMD07299 384-サツマシジミ♀裏-2015-11-03和歌山-OMD07147

♂も開翅・閉翅。
384-サツマシジミ♂表-201511-03和歌山-OMD07319 384-サツマシジミ♂裏-2015-11-03和歌山-OMD07179

この日の個体数は凄かった。産卵の場面も容易に撮れると思っていたが、全くだめ。
植樹のバクチノキ
384-サツマシジミ植樹バクチノキ-2015-11-03和歌山-OMD07169
やハマヒサカキ
384-サツマシジミ植樹ハマヒサカキ-2015-11-03和歌山-OMD07696

も調べたが卵すら発見できなかった。何れもまだ蕾にもなっていない感じであった。時期的な問題か時間的な問題かは判らない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示