4609> 感動の卵1ポイント

以前から、卵・幼虫・蛹のそれぞれについて、初撮りを1ポイントとして、年間の目標を設定している。
地元の普通種が撮影済みになってくるにつれ、ポイントゲットが難しくなってきている。

メスグロヒョウモンは、昨年産卵の現場に遭遇したが、卵を見つけることができなかった。
今回も同じ場所で母蝶を探す。時刻は10:00過ぎ。まだチョウは活性上がっていないらしく。何もいない。

他の場所を一回りして、同じ場所に戻ったが、何もいない。

別の場所に移動すると、メスグロヒョウモン♂がアザミに来ていた。しかし、♀の姿はない。

再度、最初の場所へ戻ってお握りを食べることにした。
ベンチに座ってじっくり待つことにした。
間もなく待望のメスグロヒョモンの♀がやってきた(12:15ころ)。
弱々しく飛んで、7~8m離れた下草にとまった。
間もなく飛び上がって、その上の桜の木の幹に停まった。
ここで撮影しようとすると、産卵場所が判らなくなる。
昨年の失敗から今回は双眼鏡で観察。
視野内で停まった場所を記憶したつもり。
10秒も立たないうちに飛び立って姿を消した。

停まった場所は下の画像のほぼ中央あたりだったはず。
メスグロヒョウモン産卵場所a-2016-10-07四季の森-P1000824
近づいてみる。高さは地面から190㎝ほど。手を伸ばせば何とか撮影も可能な位置ではあるが、身長が足りないのでルーペで探すこともできない。

やはり産卵しなかったのかと諦めかけたが、もう一度見てみた。
卵らしい点があった!中央部分を拡大してみると......卵は黄色↑の位置。判りますか?)。 
メスグロヒョウモン産卵場所b-2016-10-07四季の森-P1000824
図鑑によると直径0.7mm、高さ0.8mmである。
老眼にとってはかなり辛い。
192-メスグロヒョウモン卵0_7R-2016-10-07四季の森-P1000841 192-メスグロヒョウモン卵0_8H-2016-10-07四季の森-P1000829

これで卵ポイントが1つ増えた(^_^)v

撮影まで2年越しです。観察のヒントを与えてくれたfanseabさんの記事のお陰です。

上の事情により、母蝶は撮影できませんでした。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

桜の樹皮の中の卵、よく見つましたね。
ミドリヒョウモンが木の幹に産卵するのを見たことがありますが、卵は見つけられませんでした。orz

Akakokkoさんへ>

> 桜の樹皮の中の卵、よく見つましたね。
> ミドリヒョウモンが木の幹に産卵するのを見たことがありますが、卵は見つけられませんでした。orz

Akakokkoさんお帰りなさい。
幹に産卵するヒョウモン類の卵を見つけるのは結構難しいですね。

昨年、私も何度かミドリヒョウモンが産卵したという情報をもらったのですが、結局見つかりませんでした。
ミドリヒョウモンやオオウラギンスジヒョウモンの卵も撮影したいと思っています。
情報を戴ければ嬉しいです。

卵撮影への執念に脱帽

目の高さでも産卵する「ミドリヒョウモン」の卵は
何とか見つけて撮影したことがありますが多種
は連戦連敗状態です。
撮影に対する執念に脱帽です。

No title

ご無沙汰しております。
初撮りおめでとうございます。
ただ、モンシロチョウとメスグロヒョウモンでは卵撮影難易度が大いに異なります。ですので、同じ1ポイントでは不公平でしょう。
小生から言わしてもらうと、メスグロは難易度プレミア10倍で10ポイントですね!

Re: 卵撮影への執念に脱帽

> 目の高さでも産卵する「ミドリヒョウモン」の卵は
> 何とか見つけて撮影したことがありますが多種
> は連戦連敗状態です。
> 撮影に対する執念に脱帽です。

コメントありがとうございます。
執念です(笑)
ミドリヒョウモンの卵の撮りなおしも目論んでいますが、今期はチャンスを戴けませんでした。
なかなか難しいですね。

昨夜、八重山から帰還しました。
今回は嬉しい出会いがありました。

fanseabさんへ>

> ご無沙汰しております。
> 初撮りおめでとうございます。
> ただ、モンシロチョウとメスグロヒョウモンでは卵撮影難易度が大いに異なります。ですので、同じ1ポイントでは不公平でしょう。
> 小生から言わしてもらうと、メスグロは難易度プレミア10倍で10ポイントですね!

コメントありがとうございます。
10ポイントですか! 有難うございます。
最近は、卵・幼虫・蛹がメインになりつつあります。
引き続きご指導をお願いします。

遅レス、すみません。
昨夜、8日間の八重山から戻りました。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示