4653> 台湾遠征(その12) シジミチョウ科の蝶

ホリシャルリシジミ♂裏
384-ホリシャルリシジミ♂B-2017-05-11台湾-P5111568
ホリシャルリシジミ♂表。カメラの設定を誤って、ブレ写真となった。次のトライができず、こんな写真だけになった。
384-ホリシャルリシジミ♂A-2017-05-15台湾-P5143524

ホリシャルリシジミ♂かタッパンルリ♂を期待して撮影したが、外縁の黒帯が太いのでヤクシマルリシジミ♂と判明(^_^;)
かなりガッカリ。
384-ヤクシマルリシジミ♂B-2017-05-14宜蘭県-P5143108 384-ヤクシマルリシジミ♂A-2017-05-14宜蘭県-P5143232

西表島や与那国島でも見られるシロウラナミシジミ。
384-シロウラナミシジミ♀B-2017-05-14宜蘭県-P5143727 384-シロウラナミシジミ♀A-2017-05-14宜蘭県-P5143739

これに混じって、コシロウラナミシジミも見られた。
384-コシロウラナミシジミ-2017-05-12高雄県-P5120266

一見、キマダラルりツバメだが、類似種のシャマキマダラルリツバメ♀と思われる。
384-シャマキマダラルリツバメ♀B-2017-05-12高雄県-P5110129 384-シャマキマダラルリツバメ♀A-2017-05-12高雄県-P5110143

シジミの最後は、比較的多く見られたウラフチベニシジミ。最初は♂裏・♂表。
384-ウラフチベニシジミ♂B-2017-05-12高雄県-P5121998 384-ウラフチベニシジミ♂A-2017-05-12高雄県-P5122033
ウラフチベニシジミ♀表。
384-ウラフチベニシジミ♀A-2017-05-14宜蘭県-P5143937
ベニシジミのような雰囲気であるが、初めて見た時にはドキドキした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示