4733> 石垣島遠征(2):ナミエシロチョウ産卵・幼虫

★5/16(2日目)

★最初のフィールドは、自分のナミエシロチョウのポイント。
ここには、食樹のツゲモドキの小木がある。
調べてみると、数頭の終齢幼虫が見つかった。
384-ナミエシロチョウ幼虫36mm-2018-05-16-P1090474
昨年、新芽が見つけることができず、若齢幼虫の飼育に失敗している。是非とも蛹まで飼育して撮影したい。

そうしているうちに、母蝶がやってきた。そして産卵した。
ナミエシロチョウ産卵-2018-05-16-M1m20024

終齢幼虫1つと、この卵を持ち帰って飼育することにした。
192-ナミエシロチョウ卵-2018-05-16-P1090466

なお、終齢幼虫は5/25に羽化(♀)したのでリリース。卵の方は、終齢になるまで飼育して、同じ木に戻した。

★2か所目
特段の収穫はなかったが、最後にリュウキュウムラサキ♂に出会った。今回は、リュウキュウムラサキは少なかった。また、ヤエヤマムラサキやメスアカムラサキはゼロだった。
リュウキュウムラサキ-2018-05-16屋良部-M1m20471

★午後、ここまでご一緒させていただいていたI氏を空港までお見送り。

★15:00ころ、またフィールドに戻る。
周りのチョウを観察していると、突然迷蝶センサーが反応した。
ウスコモンマダラ♀でした。聞くところによるとゴールデンウイークころから見られたらしい。
ウスコモンマダラ-2018-05-16-M1m20887
リュウキュウアサギマダラに似ているが、微妙な色の違いがあるので直ぐに判った。
これ以降、この個体に楽しませてもらうことになる。

<おまけ>
キノボリトカゲ:なかなか可愛い。
キノボリトカゲ-2018-05-16-M1m20570

ツシマトリノフンダマシ:最初、老眼の自分にはテントウムシに見えた。
ツシマトリノフンダマシ-2018-05-16-P1090454


(続く)







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

流石に一ヶ月間も時間があると素晴らしい成果が出ますね。
羨ましくて仕方ありません。
最後のツシマ、つい最近 NHKの動画サイトで「蜘蛛の研究者でさえも、一生に一度会えるかどうかというレアもの」として紹介されていたのを見ました。

Akakokkoさんへ>

> 流石に一ヶ月間も時間があると素晴らしい成果が出ますね。
> 羨ましくて仕方ありません。
> 最後のツシマ、つい最近 NHKの動画サイトで「蜘蛛の研究者でさえも、一生に一度会えるかどうかというレアもの」として紹介されていたのを見ました。

akakokkoさん
コメントありがとうございます。
1ヵ月滞在しましたが、迷蝶の初見初撮りは、またしてもできませんでした(^_^;)
私の帰った翌日の台風通過で、ミナミコモンマダラ、ルリマダラ、マサキルリマダラなどの迷蝶が入ったようです。

ツシマ! ビックリです。
もっとちゃんと撮影しておけば良かったと後悔してます(^_^;)
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示