4740> 石垣島遠征(9):バナナセセリ

バナナセセリは、日本最大のセセリチョウの仲間。
米軍によってベトナムから沖縄に持ち込まれたという。

バナナセセリの活動時間は、日の出の20分前からと日没の20分ほど前からで、それぞれ約30分ほどで活動しなくなり、日中は滅多に見られない。

今回の目的は、翅表の撮影である。バナナの花に吸蜜にくるが、なかなかとまらないし、とまっても翅を開いてくれない。
そこで専ら飛翔撮影となる。暗い時間帯なのでストロボが必需品である。

撮影機材は、カメラ:Olympus OM-D M1-MKII、レンズ:12-100mm Zoom、ストロボ:FL-600Rである。
ズームレンズをワイド端・マニュアルフォーカスに設定して、距離30cm程度で連写撮影した。

初回の5/31は1枚だけ。
384-バナナセセリ♀A-2018-05-31埼枝-M1m28646


2回目の6/5も1枚だけ。
384-バナナセセリ♂A-2018-06-05石垣島-M1m21191

撮影した記憶はなかったが、2頭が写ったショットもあった。
バナナセセリ-2018-06-05石垣島-M1m21201
前翅の形から前が♀、後ろが♂と思われる。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、神奈川県横浜市在住。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~).

【Camera】 Olympus OM-D E-M5, OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII
【Lens】
・Olympus ED 60mm/F2.8 Macro
・Canon EF 70-200mm F4L IS USM + Kipon EF-MTF AF
・Canon EXTENDER EF 1.4x III
・Olympus 12-100mm/F4ほか

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示