FC2ブログ

4755> 石垣島滞在(24):オサハシブトガラス

八重山のカラスは、オサハシブトガラスだそうです。
全長40cmほどの小さめのカラスです。
ちなみにハシブトガラスの全長は、60cmくらい。

このカラス人懐っこいです。
なんだか近寄ってくるような気がします。
きっと人間から餌をもらったことがある、または人間の食べ物を盗んだことがあるのでしょう。

この時も意識的に近づいてきたように思います。
オサハシブトガラス-2018-06-12-M1m24482
オサハシブトガラス-2018-06-12-M1m24489

嘴の感じは、ハシブトくんやハシボソくんとは違いますね。
誰も写真には撮らないでしょうね......。





これで野鳥はお終い。
また、蝶にもどります。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カラスは日本全国どこでも多いですね
北海道でも東京でも
自然教育園でも最多種・・しかしオオタカはそんな環境でも今年は2羽が巣立ちました
どのように自衛したんでしょうねぇ

Shinさんへ>

> カラスは日本全国どこでも多いですね
> 北海道でも東京でも
> 自然教育園でも最多種・・しかしオオタカはそんな環境でも今年は2羽が巣立ちました
> どのように自衛したんでしょうねぇ

コメントありがとうございます。
自然には驚きがいっぱいですね。
出版のことで頭がいっぱいでした。
返信遅くてすみません。

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2版):掲載写真枚数:3,619枚。成チョウ:307種、卵:171種、幼虫:180種、蛹:156種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示