FC2ブログ

4966> ミドリヒョウモン終齢幼虫

2019-06-02撮影

この日の最大の収穫はミドリヒョウモンの幼虫(初見・初撮り)。

林の中を歩いていたら、足元に毛虫を発見。
枯れたササの葉にとまってる。
脱皮殻もついている。

e-ミドリヒョウモン終齢幼虫25mm-2019-06-02NO-P1400074

????????

毛が随分長い。角も長い。
背中に2本線................。

! ヒョウモン類にこんな幼虫があった!
しかし、周りにスミレが見当たらない。
ちょっと自信が薄らいだ(^_^;)

容器にスミレの葉をいれて持ち帰り。
自宅に戻って、ミドリヒョウモンの終齢幼虫と断定。

その後、スミレの葉を食べて順調に成長し、6/5には体長40mmに達した。蛹になっても可笑しくない大きさだ。

e-ミドリヒョウモン終齢幼虫40mm顔-2019-06-05-P1400174 e-ミドリヒョウモン終齢幼虫40mm-2019-06-05-P1400167
6/10、食欲旺盛。まだ、幼虫のまま。

6/10pm、前蛹。
e-ミドリヒョウモン前蛹-2019-06-10-Tg503727

6/11蛹化。
e-ミドリヒョウモン蛹a-2019-06-11-Tg513792 e-ミドリヒョウモン蛹b-2019-06-11-Tg513789 e-ミドリヒョウモン蛹c-2019-06-11-Tg513802


















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.1版):掲載写真枚数:3,784枚。成チョウ:309種、卵:173種、幼虫:185種、蛹:161種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示