FC2ブログ

5001> ハリオアマツバメが飛ぶ

2019-07-10撮影

水面をハリオアマツバメが飛びかう。必死にカメラで追うが、なかなか視野に維持できない。それでも少しは撮影できた。
ハリオアマツバメ-2019-07-10NO-M1100201

ハリオアマツバメ-2019-07-10NO-M1100323

ハリオアマツバメ-2019-07-10NO-M1100372

口を開けて着水して水を飲むらしい。顔が怖い(^_^;)
ハリオアマツバメ-2019-07-10NO-M1100541

ハリオアマツバメ-2019-07-10NO-M1100614
辛うじて尾の針が見える?

横向き・
ハリオアマツバメ-2019-07-10NO-M1100647

こちらに向かってくる。
ハリオアマツバメ-2019-07-10NO-M1100691

ハリオアマツバメは、水平飛行で最も速い鳥だそうです。時速170kmだそうです。
群れが水面を飛ぶ姿をみていると、爽快な気分になります。









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.2版):掲載写真枚数:3,804枚。成チョウ:309種、卵:175種、幼虫:186種、蛹:161種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示