FC2ブログ

5008> ジャノメチョウとウラナミアカシジミ

2019-07-18撮影

この初めてジャノメチョウを見た。全て♂。
手前の草を避けようと思って、静かに移動するも、ことごとく飛ばれた。
敏感でなかなか撮影させて貰えなかった。

ジャノメチョウ♂(今季65種目)。証拠写真だけ(^_^;)
e-ジャノメチョウ♂B-2019-07-18MK-M1180112


この時期は、栗の花にチョウが集まる。
e-ウラナミアカシジミ-2019-07-18MK-M1181834 e-ウラナミアカシジミ-2019-07-18MK-M1181863

ウラナミアカシジミ(今季66種目)が見られた。
既に16:00を過ぎていたためか、これだけだった。




<おまけ>
エゾヒメシロチョウが最盛期。といっても翅の傷みが目立つ。
♀が停まていると、♂がやってきて猛烈アタック。
♂も拒否するも、すぐには飛び去らなかった。
e-エゾヒメシロチョウ♂♀-2019-07-18MK-M1180524 e-エゾヒメシロチョウ♂♀-2019-07-18MK-M1180665
e-エゾヒメシロチョウ♂♀-2019-07-18MK-M1180750 e-エゾヒメシロチョウ♂♀-2019-07-18MK-M1180890
徐々にいい感じになってきた。
♂が口吻を伸ばして、♀に触れているようだった。どんな意味があるのだろうか?


コキマダラセセリが多数見られた。

コキマダラセセリ♂
e-コキマダラセセリ♂A-2019-07-18MK-M1180443 e-コキマダラセセリ♂B-2019-07-18MK-M1180447

コキマダラセセリ♀
e-コキマダラセセリ♀A-2019-07-18MK-M1180307 e-コキマダラセセリ♀B-2019-07-18MK-M1180411


モンシロチョウが交尾中。
e-モンシロチョウ♂♀-2019-07-18MK-M1180239



ツバメシジミ♂。綺麗な個体だった。
e-ツバメシジミ♂B-2019-07-18MK-M1180099


ヒメアカタテハ。
e-ヒメアカタテハA-2019-07-18MK-M1181552 e-ヒメアカタテハB-2019-07-18MK-M1181413









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示