FC2ブログ

5021> トラフシジミほか

2019-07-28撮影

ゼフが飛んできたと思った。地面にとまった。見るとトラフ。夏型でちょっと地味。一応撮影。
意外にも翅を開いた。思いがけない幸運に慌てて撮影。
e-トラフシジミ♀B-2019-07-28hk-M1280133 e-トラフシジミ♀A-2019-07-28hk-M1280199
ピカピカの個体とは言えないが、ブルーが美しい。




もう一つ降りてきて、地面近くにとまった。今度はゼフ♀。
e-エゾミドリシジミ♀B-2019-07-28hk-M1280292 e-エゾミドリシジミ♀A-2019-07-28hk-M1280315
エゾミドリシジミらしい。




コミスジ。北海道産のコミスジは、白帯が本州のものより太い。数多く撮影して比較してみたいものだ。
e-コミスジ♂A-2019-07-28hk-M1280230 e-コミスジ♂B-2019-07-28hk-M1280056
特に後翅裏面の太い白帯が、本州のものと違うように思う。



コキマダラセセリ。♀の様だが、裏面の後翅の模様がちょっと違うような........。
後翅7室の斑紋は現れないことが多いと思ったが、そうでもなさそう。
鱗粉が剥げてくるとこうなるだろうか?
e-コキマダラセセリ♀B-2019-07-28hk-M1280015




ルリボシカミキリ
甲虫専門のMN君にであった。ルリボシカミキリの居る場所を教えてもらった。やはり流石!
ルリボシカミキリ-2019-07-28hk-M1280364 ルリボシカミキリ-2019-07-28hk-M1280359

ルリボシカミキリ-2019-07-28hk-M1280402












スポンサーサイト



tag : トラフシジミ エゾミドリシジミ コミスジ コキマダラセセリ ルリボシカミキリ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示