FC2ブログ

5047> ゴイシシジミ、嬉しい今季初

2019-08-27撮影

この日は、気になっていた場所数か所を回ってみた。


1か所目:特に収穫なし


2か所目:工事の車が入っていたので断念


3か所目:環境は判ったが、少し暗い環境であるため探蝶する場所ではないと判断。


4か所目:1回目にキベリタテハを撮影したところ。今回が2回目。
到着したとき、黒っぽいタテハチョウが飛んだ。路面にいたらしい。
恐らくキベリタテハ。車で追い払ってしまったらしい。

しばらく探索していると、小さなシジミが飛んでいる。しかも数頭。
ゴイシシジミだった。全く予想もしていなかった今季81種目。
チシマザサ(ネマガリタケ)で発生しているようだ。
e-ゴイシシジミ♂B-2019-08-27tt-M1270180f-ゴイシシジミ♀B-2019-08-27tt-M1270248
f-ゴイシシジミ♀B-2019-08-27tt-M1270139f-ゴイシシジミ♀B-2019-08-27tt-M1270200
1枚目は♂。他は♀。4枚目は、笹の葉裏に止まって産卵を始めた。
葉裏を見ると白いササコナフキツノアブラムシが沢山。
f-ササコナフキツノアブラムシ-2019-08-27tt-Tg570395
ゴイシシジミの卵も幾つか見つかった。
f-ゴイシシジミ卵-2019-08-27tt-Tg570400
f-ササコナフキツノアブラムシ-2019-08-27tt-Tg570384
右端にも卵が1つみえる。


1枚目:見慣れないシジミと思ったら、翅の破損したウラミスジシジミだった。
2枚目:いくつか飛んでいたキマダラオオナミシャク
f-ウラミスジシジミ-2019-08-27TT-M1270085f-キマダラオオナミシャク-2019-07-27tt--M1270011



5か所目
車のなかで昼食をとっていたら、シジミが飛ぶのが見えた。オナガシジミが産卵しているところだった。
f-オナガシジミ♀産卵-2019-08-27HK-M1270286f-オナガシジミ♀産卵-2019-08-27HK-M1270302

少しあと、地面にシジミが止まった。
f-エゾミドリシジミ?♀産卵-2019-08-27HK-M1270313
エゾミドリシジミ♀らしい。

この日は、気になっていた場所の調査ができた。
ゴイシシジミの生息場所がわかったのが一番の収穫。
イモムシ探しでは、コチャバネセセリの終齢幼虫が4つ見つかった。
しかし、時期の問題かもしれないが、それ以外のヒメキマダラヒカゲやクロヒカゲの幼虫は見つからない(^_^;)


























スポンサーサイト



tag : ゴイシシジミ ウラミスジシジミ オナガシジミ キマダラオオナミシャク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.4版):掲載写真枚数:3,872枚。成チョウ:309種、卵:177種、幼虫:189種、蛹:166種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示