FC2ブログ

5051> キベリタテハなど

2019-09-02撮影

タテハ類を探しに出かけた。
最初に現れたのは、本命のキベリタテハだったが、撮影する前にすぐにどこかへ行ってしまった。


エルタテハは撮影できた。
翅を閉じていると背景に同化してわからなくなる。
f-エルタテハ-2019-09-02JZ-M1020008f-エルタテハ♂B-2019-09-02JZ-M1020085
1枚目は1つ、2枚目は飛んでいるのを含めて2つ写っている。


シ―タテハも翅を閉じると、見事に背景に同化する(1枚目)。
f-シ―タテハ♂-2019-09-02JZ-M1020017f-シータテハ♂A-2019-09-02JZ-M1020065


長い林道の奥まで歩いてやっとキベリタテハを見つけた。
飛び方がゆったりしていたので、♀と思われるが自信はない。
f-キベリタテハ♀B-2019-09-02JZ-M1020162f-キベリタテハ♀B-2019-09-02JZ-M1020167



<おまけ>
エゾミドリシジミ♀らしい。
f-エゾミドリシジミ-2019-09-02JZ-M1020004











スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

今頃はエルタテハがたくさんいますね
雨戸の戸袋など5cmほどの隙間に入り込み
越冬の準備をしているように見えました
北海道では町中のチョウなんですね

Re: No title

> 今頃はエルタテハがたくさんいますね
> 雨戸の戸袋など5cmほどの隙間に入り込み
> 越冬の準備をしているように見えました
> 北海道では町中のチョウなんですね


コメントありがとうございます。
今年はチョウが少ないという印象です。
50年前と比べてしまうからそう思うのかもしれません。
エルタテハも数えるほどしか見ていません。
コヒオドシも昔は町中のチョウでしたが、今年はまだ撮影できていません。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示