FC2ブログ

5057> オオヒカゲ♀

2019-09-06撮影

前記事でオオウラギンスジヒョウモンの卵が確保できたので、どこかで昼を食べて帰ろうと思った。
食後、まだ13:00すぎだったので、帰る途中のもう一か所に寄ることにした。

とはいえ、具体的な期待種はなかった。
歩き始めて10分ほどで、オオヒカゲが止まっているのを見つけた。
f-オオヒカゲ♀B-2019-09-06HO-M1060323

時期的にオオヒカゲは終わっていると思っていたのでびっくり。
かなり翅が痛んでいるが、それでもオオヒカゲ♀の表面の撮影が今年の重要課題である。
早速、ProCapLモードに変更。飛び立ち待ちである。
止まったまま、何度か翅をパタパタ。
連写したが、思うように撮れない。
近づき過ぎたのか、構えていないときに飛び立って、頭上の木に上がってしまった。

仕方なく、次のポイントへ移動。
一回りして戻ってくると、
同じ場所からまたオオヒカゲが飛び上がって、また頭上の枝へ。
ダメもとで、小さな枝を拾って投げてみた。
一旦、下に降りた。しかし、止まらない(^_^;)
無理やり、視野に入れて連写。
撮影した20~30枚は、ピンボケ、ピンボケ、ピンボケ、角度が悪い、翅が閉じている..........。

ところが、1枚だけ。使えそうなショットがあった。

f-オオヒカゲ♀A-2019-09-06HO-M1060762

E図鑑用のトリミングしてみた。
e-オオヒカゲ♀A-2019-09-06HO-M1060762
オオヒカゲ♀表



<補足>
日本チョウ類E図鑑では、各種の♂表・♂裏・♀表・♀裏の4枚を掲載します。
4枚揃って掲載していない種がいくつかあって、オオヒカゲ♀表は未掲載の1つでした。
完璧とは言えないが、当面この写真をE図鑑に使う予定(^_^)v




<おまけ>
ルリボシヤンマ
g-ルリボシヤンマ-2019-09-06ho-M1060448f-ルリボシヤンマ-2019-09-06ho-M1060495
f-ルリボシヤンマ-2019-09-06ho-M1060558g-ルリボシヤンマ-2019-09-06ho-M1060608

近頃は、大型のトンボを見つけると思わず撮影してしまう。











スポンサーサイト



tag : オオヒカゲ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示