FC2ブログ

5086> ムシャクロツバメシジミの飼育

ムシャクロツバメシジミは、2013年名古屋市、2016年福岡で発生が確認された。中国などから移入された多肉植物についていた卵・幼虫から広がったのもと考えられている。

友人が名古屋に行くというので、卵をお願いした。
暫くして、待望の卵が届いた(9/14)。実際には、卵は既に孵化していたので、初齢幼虫だった。

e-ムシャクロツバメシジミ卵0_5mm-2019-09-14-Tg540656 卵の殻

幼虫は、食草(ツルマンネングサ)の葉の中に潜っていた。
e-ムシャクロツバメシジミ初齢幼虫-2019-09-14-Tg540583 これならフィールドでも簡単に幼虫が見つけられそうに思う。

e-ムシャクロツバメシジミ初齢幼虫1_3mm-2019-09-14-Tg540617 初齢幼虫(体長1.3mm)

e-ムシャクロツバメシジミ幼虫2mm-2019-09-15-Tg550688 2齢幼虫?(体長2mm)

e-ムシャクロツバメシジミ幼虫3_5mm-2019-09-17-Tg570884 3齢幼虫?(体長3.5mm)

e-ムシャクロツバメシジミ終齢幼虫10mm-2019-09-23-Tg530966 終齢幼虫(体長10mm)

e-ムシャクロツバメシジミ前蛹8mm-2019-09-26-Tg561034 前蛹(体長8mm)

e-ムシャクロツバメシジミ蛹b-7mm-2019-09-26-Tg561016 蛹(体長7mm)

f-ムシャクロツバメシジミ♂B-2019-10-10-P1400986 ♂裏

f-ムシャクロツバメシジミ♀B-2019-10-07-P1400912 ♀裏

正確な孵化日は不明だが9/25~28に蛹になったので、幼虫期は10日程度と思われる。蛹期は9~10日だった。












スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.3版):掲載写真枚数:3,841枚。成チョウ:309種、卵:176種、幼虫:188種、蛹:162種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示