FC2ブログ

5109> フユシャクが飛び始めた

2019-10-31撮影

うす茶色の蛾が沢山飛んでいる。
とまるのを待つ。
しかし、とまらない(^_^;)

仕方なく飛翔撮影。
野鳥用のレンズでは長すぎて撮りにくい。それに重い。
無理して撮った写真。
e-イチモジフユナミシャク-2019-10-31mk-M1310117 e-イチモジフユナミシャク-2019-10-31mk-M1310118
e-イチモジフユナミシャク-2019-10-31mk-M1310119 e-イチモジフユナミシャク-2019-10-31mk-M1310120
e-イチモジフユナミシャク-2019-10-31mk-M1310128 e-イチモジフユナミシャク-2019-10-31mk-M1310129
最初、クロスジフユエダシャクかと思っていたが、イチモジフユエダシャクのようだ(自信なし)。
Garudaさんからのご指摘で再考 > 
・昼行性ならクロスジフユエダシャク、
・イチモジフユエダシャクは札幌にはいないらしい。
と、いうことでクロスジフユエダシャクに訂正します。
ただし、横浜で見られるクロスジフユエダシャクよりも黒線がはっきりしてる感じがする。


横浜では、フユシャクが飛び始めるのは11月下旬だが、札幌では10月下旬らしい。

フユシャクではないが、こんな蛾もみつけた。
e-カバエダシャク-2019-10-31mk-M1310145
カバエダシャク。



<おまけ> モンキチョウ。
チョウもそろそろ最後になるだろうか。
この日は、モンキチョウが数頭飛んでいた。

f-モンキチョウ-2019-10-31ho-M1310646 f-モンキチョウ-2019-10-31ho-M1310671
f-モンキチョウ-2019-10-31ho-M1310703 f-モンキチョウ-2019-10-31ho-M1310750












スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

昼行性ならクロスジフユエダシャクだと思いますが。(決めつけ)

Garudaさんへ>

> 昼行性ならクロスジフユエダシャクだと思いますが。(決めつけ)


コメントありがとうございます。
横浜で見られるクロスジフユエダシャクとはちょっと違う気がしたのですが、イチモジフユエダシャクとも違う。
イチモジは北海道には生息していないらしい。確かに昼行性!

と、いうことでクロスジフユエダシャクにました。
一件落着です。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.4版):掲載写真枚数:3,872枚。成チョウ:309種、卵:177種、幼虫:189種、蛹:166種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示