FC2ブログ

[512] イカリモンガ科>イカリモンガ亜科>イカリモンガ(藤野町)

2010-04-10藤野町(その7)
(12:15ころ)

ギフチョウの乱舞が途絶えても、こんな出会いがありました。
蝶にそっくりな蛾、イカリモンガ。
クローズアップしてみてもチョウに見えます。
このように写真を撮るのは初めてです。
正直なところ、なぜこれが蛾なのかは知りませんが、昔から蛾と教えられてきました(^_^;)

ikrmng-Im5_5272.jpg


上と同じ個体ですが、前翅を後翅のほうに仕舞うと、こうなります。
ikrmng-P4101533.jpg

(更につづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

デングチョウモドキのようですね。^^;
イチモンジセセリよりよっぽど蝶っぽいです。
蝶と蛾の違いって何なんでしょうね。

Re: No title

> デングチョウモドキのようですね。^^;
> イチモンジセセリよりよっぽど蝶っぽいです。
> 蝶と蛾の違いって何なんでしょうね。

私もそう思います。
これは蝶でもいいんじゃないかな。

No title

コツバメもイカリモンガも天候不順で裏高尾へ行けず、今年は諦めました
コツバメの表羽根を撮ってみたいのですが、無理ですかね
淡いブルーが綺麗なんですが

Shinさんへ

> コツバメもイカリモンガも天候不順で裏高尾へ行けず、今年は諦めました
> コツバメの表羽根を撮ってみたいのですが、無理ですかね
> 淡いブルーが綺麗なんですが

コメントありがとうございます。
今年の天候不順はどうなってるんでしょうね。
結局、6回も行くことになりました。
苦しんだ結果は大満足です。

コツバメやトラフの開翅は次の課題です。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.2版):掲載写真枚数:3,804枚。成チョウ:309種、卵:175種、幼虫:186種、蛹:161種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示