FC2ブログ

5163> 嬉しい > フクロウくん健在

2020-01-04撮影

少し前のことですが、フクロウくんの話題。

昨年の12月にフクロウが入ったという情報があった。
しかし、地元の知り合いの誰も見ていない。
今期はもうダメかもしれないと思っていた。

ところが、この日情報があった。
この日の午後、フクロウがいたというのである。

急いで行ってみたが、やはり居ない。
洞の中にいるなら、顔を出すかもしれない。
待ったがでてこない。
最悪でも暗くなれば........。

結局、暗くなるまで待つことになった。
もの好きな3人。

洞の中かな顔を出したのは時刻は16:41。
暗くて殆ど見えなくなっていた。
f-エゾフクロウ-2020-01-04mk-M1041596

1分ほど撮影できたが、闇の中に消えた。
(ISO=6400・絞りF4・SS=1/3秒。自然光だけの撮影なので、WBオートでは色が青くなった。大幅に色補正したが少々色が不自然かも。)

個人的には、最後に見たのが昨年1月だったので、約1年ぶりになります。
感動でした。寒さに震えながら待った甲斐がありました(^_^)v

昨シーズンは、カラスに虐められて生きているかも含めて心配していましたが、戻って来てくれてほっとしました。
ただし、昨年よりも洞の中に入っている時間が長いので、別の個体と入れ替わっているかもしれない。



2020-01-06撮影
この日の最初の見回りは昼過ぎ。
しかし、洞の中に入った直後でした(^_^;)

2度目の見回りもで洞の中らしくダメ。

3度目もダメ。
時刻は15:30過ぎ。あと1時間ほどならと待とうということになった。
この日も物好きは3人(^_^;)

暗くてよく見えなくなってきた。
2日前とほぼ同じ時刻に洞の入口に現れた。
撮影を始めるが、暗い。
ISO6400・SS=1/2.5秒。ひどい写真であるが.........。
8分ほど洞の入口にとまっていた後、狩りに出かけた。
g-エゾフクロウ-2020-01-06mk-M1060712

暗いので、目が真んまる。
昼間は、こんなに丸く目を開いた写真はなかなか撮れません。
殆ど闇の中でも、撮れるものです。
今のカメラはすごいです。
上の2枚の写真は明るい時の写真に見えますが、実際には闇の中で辛うじてフクロウの位置がわかる程度の明るさです(^_^;)


その後も、フクロウは殆ど洞の中にいるようだ。日中見たという人は皆無ではないが、少ない。私もほぼ毎日確認に行っているが、まだお目にかかれない。



















スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.4版):掲載写真枚数:3,872枚。成チョウ:309種、卵:177種、幼虫:189種、蛹:166種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示