FC2ブログ

5245> アイノミドリシジミ卵

2020-03-21撮影

散歩中にミズナラの木を見ると、ゼフの卵を探してしまう。
なかば習慣である。

この日も........。
低い枝の冬芽にジョウザンミドリシジミと思われる卵がみつかる。
結局。10個以上見つかった。

冬芽を探す限り、ほとんどジョウザンミドリシジミの卵であるが、たまにエゾミドリシジミも混じる。
気が付けば、小枝やその分岐部分に見られるオオミドリシジミの卵は探していない。

一脚で枝を引き下ろして冬芽を確認中、目立つ卵が目に入った。
あれ!?
e-アイノミドリシジミ産卵位置-2020-03-21jg-P1420022f-アイノミドリシジミ卵1_1mm-2020-03-21jg-TG510024

改めてルーペで確認すると!
アイノミドリシジミの卵だった。数十年ぶりである。
通常、アイノミドリシジミは樹冠の枝の冬芽の産卵する。身軽だった昔は、木の上の方まで登って採った記憶がある。
しかし、今回は2mほどの小木の天辺あたりの枝。こんなところでも見つかることがあるのだ。













スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.7版):掲載写真枚数:3,954枚。成チョウ:309種、卵:179種、幼虫:192種、蛹:169種、食草・食樹:342種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示