FC2ブログ

[723] スジボソヤマキ、表面が写った(富士山麓)

2010-07-18 富士山麓(その6)

撮ろうとした瞬間に飛ばれてしまいました。その結果、こんなのが写りました。
スジボソヤマキチョウ-Im6_8034

これが次のコマです。
スジボソヤマキチョウ-Im6_8035

停まってもシャッターを押す直前に飛んでしまします。
それを繰り返しているうちに、私を含めたオジサン4人は500mも追跡してしまいました(^_^;)
一度だけ、花に停まって撮影チャンスをくれました。
スジボソヤマキチョウ-Im6_8067

別個体です。この個体は長い時間停まっていてくれました。
スジボソヤマキチョウ-Im6_8583
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわ~まさに蝶綺麗(*^^*)
初めて見ました。
開いた所はパンジーみたいです(*^^*)

これはすごい!

前翅・後翅の色の違いが微妙に違っていて、更に華やかさを増しています。今度は、私も狙ってみたいです。

No title

裏翅は地味ですが、表翅の黄色の濃淡は、超可愛いですね。
こんなのを見ると、見知らぬ蝶を追い続ける気持ちもわかるような気がします。
ただし、自分にはできないので、ごまさんのブログ鑑賞で。

とちたんさんへ

> うわ~まさに蝶綺麗(*^^*)
> 初めて見ました。
> 開いた所はパンジーみたいです(*^^*)

コメントありがとうございます。
確かにパンジーですね。
次回は、もっとビシッと撮りたいと思います。

midoriさんへ Re: これはすごい!

> 前翅・後翅の色の違いが微妙に違っていて、更に華やかさを増しています。今度は、私も狙ってみたいです。

コメントありがとうございます。
たまたま写っていただけですが、次回は意識して撮りたいです。

樂さんへ

> 裏翅は地味ですが、表翅の黄色の濃淡は、超可愛いですね。
> こんなのを見ると、見知らぬ蝶を追い続ける気持ちもわかるような気がします。
> ただし、自分にはできないので、ごまさんのブログ鑑賞で。

コメントありがとうございます。
今年は1000m帯の蝶に会うのが楽しみで、仕方ありません。
まだ、何度か行きたいと思っています。

No title

貴重なスジボソヤマキでしたね
スジボソヤマキの思い描いた印象は足下に敷き詰めたように群れて歩く度に舞い上がる光景を脳裏に描いておりました
これは50年前に実際に出会った光景です

Shinさんへ

> 貴重なスジボソヤマキでしたね
> スジボソヤマキの思い描いた印象は足下に敷き詰めたように群れて歩く度に舞い上がる光景を脳裏に描いておりました
> これは50年前に実際に出会った光景です

コメントありがとうございます。
そんな場面を見てみたいです。
プロフィール

ごま

Author:ごま
性別♂、北海道札幌市在住(2018年11月以前は横浜市)。

子供時代は、札幌の虫採り小僧。2008年横浜でアカボシゴマダラの目撃をきっかけに蝶撮り開始。その後野鳥撮りも。
日本チョウ類保全協会会員(2011~)、
相模の蝶を語る会会員(2009~)、
北海道昆虫同好会会員(2019~) .

【Camera】 Olympus OM-D E-M1 MkII, Lumix GX7, GX7 MkII、Olympus TG-5
【Lens】
・M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
・M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
・M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROほか


日本チョウ類E図鑑(第2.4版):掲載写真枚数:3,872枚。成チョウ:309種、卵:177種、幼虫:189種、蛹:166種。


フィールドガイド 日本のチョウ の増補改訂版。写真が入替わりますます中身が充実。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSリンクの表示